2010年12月22日

テクニックや表現より大切なこと


レッスンに行くとテクニックや表現のことについて
鬼のように説かれます。

やれ練習不足だ、やれ譜面を読み取れだと

でも私が一番大切だと思うことって
「楽しくできているか」だと思うんですよ。

ライブでもコンサートでもコンクールでも
自分が楽しく弾けていないなら聴衆やお客さんには
伝わらないと思うんですよね。

何かを感じながら弾くということが一番大切なのではないのかなと思います。

いやいや弾いていても(いや、たまにはそんな時間も必要だけれども)
やはり何かを感じえることはできないし、何より、
ピアノを嫌いになってしまうのでは本当に意味のない練習だと思いますので。

難しい曲を練習している方、表現の難しいといわれている曲を練習している方、
楽しく弾いていますか?

始めたころとは違えど、楽しむことを忘れてはいませんか?

ここが結局一番大切なんじゃないかなと最近思うのです。。
posted by モン at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。